3密を避けた予約診療

連休明けの初日、先週の緊急事態宣言以来受診キャンセルと「今から診てくれ」依頼が混ぜこぜで混乱状態です。そろそろスギ花粉症が出てきています。
年明け早々TVのキャスターが「この時期なのに、目が痒くなり、鼻水が出だしました。」と全国ネットの番組で発言してから問い合わせが急増です。事実スギ花粉の飛散は今殆ど在りませんが、厳しい寒さと低湿度で例年花粉症にみまわれる方には今年の花粉症の始まりのお告げだと言えます。当院も年末までに受診し対策を講じられた方と例年早めに受診される方とで状況は変わって居ます。恐らくは飛散量は昨年以上であるものの、一昨年程度の重装備に至らない程度で対応出来るかと予測しています。同時にインフルエンザ予防接種で、大半の患者さんが花粉症対策を充実出来ると思います。症状が出たと思ったら直ぐに御来院を。2月上旬までに予防治療を開始されるとその年の花粉症は至って軽めの治療薬たちで消炎出来ます。先ずはスキンケアを充実する事です。保湿剤を塗布する事で皮膚角化層の損傷が無くなり、花粉症暴露を回避できます。新型コロナ・ウィルス感染に翻弄され続けるより、痒い・掻いた部分の皮膚が痛い・更にはよく眠れない等の訴えが減少しますと、患者様一人一人の活動制限を謳う国家方針さえも受け入れやすく成り、気持ちにゆとりが出来ます。個々人のモチベーション向上に寄与します。
新型コロナでアレルギー治療を後回しにする事が、全身の免疫を落としてしまう事に直結しますから、予約診療の様に3密を避けて自らを危険に曝さず、かつ普段通りの治療を継続し翌年以降に症状悪化をさせない事が大事だと考えます。余談ですが、この1年間で当院から「歯科治療を一気に終わらせたいので、紹介状を書いてくれ。」という依頼が十数件ありました。つまり世間的には「受診して新型コロナ・ウィルスに罹りたくない。」という理由で歯科受診を放置してきたヒト達が大勢いるのは、想像に難くないです。一方「このコロナ禍だから、逆に、何時もなら予約も取れない歯科に紹介して貰い、一気呵成に歯科治療を終わらせるチャンスではないか。」と考える患者様方がかなり居られました。所謂「逆張り」です。通常1年近く掛かる歯科通院を3から4か月で完了できたと、大喜びです。皆さんから、「先生の考え方から学んだんですよ。どこの歯科医院もガラガラだから、紹介状を持参しただけで厚遇されました。しかも希望通りスケジュールを詰めて診てもらい、自分だけ治療をして貰ってました。歯科の先生にも喜んでもらえたし、自粛時間の有効利用の最大結果が、歯科治療でした。」と感謝されています。この考えを当院は、常にお伝えして居ります。如何でしょうか。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

明けましておめでとう御座います

新年明けましておめでとう御座います。本年より、新たに頑張りたいと思います。
初日は比較的ゆったりと時間が経過しました。予約の電話もあまりなく、問い合わせが覆った様です。やはり新型コロナ・ウィルスによる自宅待機が影響しています。しかし今年のスギ花粉症を早々に対処したいと希望される患者さん方は、きちんと来院されています。丁寧な事前対策が年々功を奏し、症状は無くならないものの極めて低用量の治療薬でかつての症状の半分以下、中には忘れてしまいそうになる方まで居られます。これは当然です。
インフルエンザの予防接種をし、かつ昨年からの新型コロナ対策の手洗い・ホコリを家に持ち込まない対策をしていれば、かなりの予防策に成るのと根本は、同じです。治療薬を事前に内服し始め、帰宅後のアレルゲン屋内持ち込みを軽減し、手洗いうがい洗顔・可能であればシャワーか入浴を行ってから自宅で活動する事を徹底すれば、スギ花粉症以外の季節性アレルギーは明らかに軽減します。今年も自粛が続くと思いますが、アレルゲンは昨年の夏の暑さからすると酷くなると考えます。早々の対策を為さる事です。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

マスクをして、鼻呼吸

本年も明日が最終日に成りました。明日、混乱しない様に一日早くブログを作りました。今年はインフルエンザも全くなく、静かな一年でした。

今月は例年スギ・ヒノキ花粉症に見まわれる患者様方が、受診されました。今年の夏の猛暑が昨年と違い飛散量を増やすと予想されての事です。また冬に成ると全ての喘息患者様に大変不利な季節に成ります。そこを踏まえて発作時や症状悪化時の対策に来院されて居ります。殆どの患者さんがインフルエンザの予防接種を済ませて居られ、政府の遅れがちな対応を尻目に個々人の出来得る対策を講じて居られます。これは医療施設としては、大変誇らしい事です。普段から口煩く「危機管理とは何ぞや。」と問い続けた事の成果です。

マスク生活を年中されて来たと思いますが、要注意な事は、「マスクをしたまま、口呼吸に成っているヒト達が急増している。」事実です。常に口の中が乾く、喉がイガイガすると言った鼻閉から来る「口呼吸」の結果そのものです。これでは少しマスクがズレると感染の危機に直面です。「マスクをして、鼻呼吸。」です。相当数のヒトが「マスクをして呼吸すると息が苦しい。」と仰いますが、これこそ呼吸筋(主体は横隔膜;焼肉でいう’ハラミ’です。)の筋力低下が原因です。呼吸筋は、普段から鍛えないといけませんから、日々の運動が肝心です。マスク便りの姿勢は、見直される事です。今年はこれにて失礼します。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

新型コロナ・ウィルスの動向

予想通り、自粛の継続効果は厳しかったです。我慢強い日本人も、もはや普通の自由主義人に成りました。

いよいよ年の瀬になりますが、今年は新型コロナ・ウィルスに振り回されただけでした。ペスト蔓延程には至らなかったものの、文明が発達した現代に於いての状況としては相当策が無い状況でありました。これまでの不活化ワクチンと違い、今回はウィルスの遺伝情報を封入する蛋白の殻を作成さる遺伝情報を抽出しワクチンとして接種する手法を初めて実現しました。が、抗体がどれだけの期間有効かは、開発期間が短すぎ治験を急ピッチで行ったため、これまでのワクチン開発と比較が出来ません。しばらく経過を見るしか無いのです。下手をすれば、やっつけ仕事に終わり兼ねません。意外な事を言うかもしれませんが、ワクチン以外の変化を記載します。今日本でも大都市圏の新型ウィルスの蔓延で徐々に抗体を持つ人達が増加している筈ですから、徐々に終息に向かうと私は予想します。それに伴いむしろこれまで感染者があまり出ていない地域が、大都市圏の初期の様に感染の危険性が同じように高くなるかも知れません。全世界満遍なく感染が行き渡り、終息するのではないかと考えます。某国の様に国家が実力行使で封じ込めを断行すれば一気に排除出来るでしょうが、民主主義国家では個々人の選択の自由を保障されているので全員が従う事を強要出来ません。勝手な行動をする人は絶対出て来ます。しかしそれでも長期的な観点より、選択の自由を制限する事が市民国民の自ら考えて選択し結論を出す、自主性を守り切る上で、専制的国家主義より柔軟かつ長期的勝利を手にするのではないかと思います。今こそ民主共和性が生き残りをかけて、その実力を問われている様に思います。

年末年始離れた家族に会いに行くのは大事でしょう。ここも個々人の選択の自由です。ただ後世の人々に正当な評価を受けたければ、彼らに付けを回さない選択をすべきと考えます。大人の御判断を御願いします。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

コロナ・ウィルス

大阪の自粛制限の期日ですが、やはり秋口の様にはもはや府民の結集は望めませんでした。自粛疲れという言葉は、理解は出来ますが、個々人へのしっぺ返しをどの程度把握しているかが問われます。

私は、「新型コロナ・ウィルスは自分たちで可能な予防を行えば、かなりの確率で感染回避できるはずだ。」と言い続けて来ました。これからも変わりません。しかし周囲のヒト達が常識外れであれば、期待値は下がります。前回も申しましたが、「皆と揃って、我慢の国民性」が過去の美徳に成り下がったのです。江戸時代であっても、幕府の倹約令に反発し裏で贅沢を極める文化が発展し、その遺産や文化自体が現代の名物として継承されている事は、江戸時代だけではありません。しかしたった1年で「もう駄目、我慢できない。」では、情けないでしょう。守りが固い日本は何処へ行ったのでしょうか。本来、秋から冬にかけての鼻風邪の70%前後がコロナ・ウィルスですから、手洗い・うがい・入浴等の清潔行動が基本です。これは変わりません。何となく罹って、いつの間にか治っていた、というレベルのウィルスであり、新型は「トンビが鷹を生んだ」状態です。基本はコロナ・ウィルスです。

何とか節度ある考え・行動を実施すべきと思います。何よりもインフルエンザの予防接種を受けて頂きたいです。確かにインフルエンザ予防接種をしても様々な統計から、50%以上の人がそのシーズンにインフルエンザにり患していると言われています。しかし重症化を回避できている事が、大事なのです。インフルエンザと新型コロナのダブル感染を回避する事が個々人の最大予防と考えます。それとこれは未確認情報ですが、インフルエンザ予防接種により身体免疫の全体的活性化により、新型コロナ・ウィルスにも有効ではないか、と言われてもいます。あくまでもそういう説があるという事です。

 

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

新型コロナ・ウィルスの予防接種(ワクチン)

今年もとうとう残り一月に成りました。一年中「新型コロナ」で終わりそうです。新型コロナ・ウィルスの予防接種(ワクチン)が確実に有効か、は難しい判断でしょう。

保存温度がマイナス100度以下であったり、輸送と保管に大変な負担が掛かりますので、その対応が出来る富裕国に有利に働くと思います。しかも筋肉注射ですから、副作用が生じた場合、その治療に難渋すると想像します。つまりは有効な薬剤の開発が望まれのです。性急な薬剤開発は大変な進歩であり、期待すべき進歩であるものの、国家間の威信をかけての競争であれば、結構ですと拒否したいものです。科学は政治となるべく切り離して成熟するべきだと思います。誠に甘やかな理想論に過ぎませんが、日本では追及しても良いように思います。

ただこれまでの倫理観・道徳観念が維持されている、という前提でもあります。三者皆宜し、といった一人勝ちはこの世に在り得ない、という事自体が大切だと私は思います。八百万の神、という概念こそこの時代に貴ばれるものであり、他に類を見ない精神性だと思います。日本で予想以上に感染者が出ないのは、この様な自然との持ちつ持たれつを自然に受け入れている事が根本だと思います。戦わず、共存です。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

ウィルス感染

先週日本救急医学会総会に参加すべく今回の開催地岐阜の長良川まで、行ってきました。さすがコロナ禍で、しかも今注目の救急センター系の先生方が、多数来られていましたが、3密を避けるために会場に入れない状況があり、私も困っていました。

その中で、やはり「確かに恐れるべきウィルスだが、感染を回避すれば良いのであり、基本的な感染対策が一番大事である。しかし不幸にして誰もが感染の可能性があり、気の毒にも感染された人達に問題のあると考える事は避けるべき事だ。むしろ感染を免れた人達が人知を尽くし、感染してしまったヒト達の治療に参加し互いに励まし合う事が望ましい。」といった極当然な発表が殆どでした。確かに画期的発見も多数あり、私も感動しました。しかしウィルス感染は、「感染しない事」しか、対処が無いのです。ワクチンの事を嫌と言うほど耳にしますが、確実にワクチンを生産できた疾患は数えるほどしかありません。人類が無理な開拓や開墾、自然を大いに蹂躙した報いです。本来人と出会わなかった生活範囲に人が踏み入った為に、驚きの感染症に出くわしているのです。それに伴う自然災害にも見舞われているではないですか。人類は、もっと身の程をわきまえるべきだったのでしょう。科学万能は過去の話です。自然との共存共栄は、消極的行動では無くむしろ今後人類がそれなりの繁栄を続けたかったら選択すべき最善の策だと私は、思います。

科学で捻じ伏せてきた事の限界に近付いたのだ、と思います。もう少し科学が進歩した時に人類が対峙すべきウィルスや生物(細菌含め)は今も大量に居るはずです。資源をヒトが奪う事の見返りかも知れません。私は、宗教家でも無く、過激ですが普通の中道派と思っています。その私が、「嘆かわしい現実だ。」と思うのです。よっぽどの失策です。自分の代でこの星が朽ち果てるのは見たくないです。人はもう少し、正に隣人を思いやる事で調和と協調を手にする事が出来たのではないでしょうか。その隣人が未知の細菌・ウィルス・現象であることも当然在り得ます。今回の学会で人のあるべき姿の再認識を迫られた様に思います。人よ奢るな、です。だからこそ、今からでも「インフルエンザの予防接種」だけでも、して下さい。

 

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

インフルエンザや新型コロナ感染

今年の秋の花粉症は、意外と少数ですが毎年発症する患者様方のみに集中し生じています。対応は例年通りで問題がありませんが、治療開始が遅れる方は例年通り居られ、この方々の免疫系の低下時にインフルエンザや新型コロナ感染に見舞われないかが、気掛かりです。
発症前発症直後であれば、治療のコントロールはさほど困難は在りません。ある程度進行しても放置していますと遅れを取り返す方法は、複雑化します。例年「早々に受診し、不要な診察回数と診察時間を減らし、それに伴い診察料金も減らせる方があなたにとって利益に成ると思いませんか。」と解説していても、「治らないから来た。早く何とかしてくれ。」という返答しかされません。こういう趣旨で来院される方々は、その後「風邪症候群」でも来院される傾向があります。つまり予防策を真剣には取らないという事です。秋から冬場にかけて、そうでなくても低下する免疫系の低下に拍車をかける事になると、理解できない様です。事前対策はそのヒトの身上であり、主張ですから、今更ながら医師が指導しても変わらないと思われますが、今回の新型コロナ・ウィルス対策も私が日々申して居る常識清潔対策そのものですから、守らざるを得ない筈です。今年位は世間の目もある為、本人としては本意では無いにしても、一応世間並みの対策をするでしょう。しかし終息後、あの努力は何処えやら、に成りそうです。そうでなくても秋冬は、日照時間も短くなり、免疫系の低下は誰にでも生じ、補うための努力を要求されるのです。生活習慣は守ってこそ意味があります。しかも自分の為だけでなく、周囲に対する気遣いが望まれる時代です。
自由を一番に主張する欧米諸国の有様を見て、今後日本型秩序が欠失してゆこうとしているこの国に於いて、医療対策も御欧米並みにズサンになって行くのかと嘆いています。消極的でもつまりは感染回避が可能であれば、悪くは無いです。積極性と利己的主張とは違う事を冷静に判断すべきと思います。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

「インフルエンザ・ワクチン接種」

欧米の新型コロナ・ウイルスの感染拡大が問題になって居りますが、日本も例外では居られません。海外からの渡航の緩和で、海外からの感染者の入国は0には出来ないでしょう。

そこで自分で身を守るために、今年位は「インフルエンザ・ワクチン接種」を行い、「手洗い・洗顔・帰宅後の早々の着替えと入浴」を励行すべきと考えます。自宅にウィルスを持ち込まない様に心掛ける事が、自分の体にウィルスを入れない事に成ります。不幸にも新型コロナ・ウィルスに感染しても、インフルエンザ・ウィルス感染をなるべく除外できる環境創りが好ましいでしょう。当院の常連様の多くが既にインフルエンザ・ワクチンの接種したか、予約している、との御返答頂いて居ります。体液である「涙」からの感染も有り得るとの報告の下、我々眼科も要注意で実診察に当たる必要があります。本来水道水での手洗い・洗顔で大半の新型ウィルスは死滅しますが、アルコール消毒は気化熱を瞬時に奪いかつ水分を蒸発させますので一層有効です。しかしアルコールをいろいろな店舗の入り口毎に行い、水洗もして居られると冬場の乾燥から手荒れ・ひび割れが生じます。洗浄後に保湿剤を塗布される事を勧めます。またサラヤさんの製品はアルコールが有効濃度でありかつ保湿剤含有で優れています。医療現場で良く使用されているのも医療関係者の手肌を防御している事でも実積済みです。

今年は当院も発熱されている方を診察出来かねると考えます。まさに発熱外来は受け付けて居りません。しかも再三申しますが、内科では御座いませんから「かかりつけ医」事態でありません。咳・痰・喉の違和感で、内科受診なく来院される方は、この冬は今一度冷静な御判断を為さって下さい。ウイルス感染は本当に無いのか、可能性を否定されたのか居ないのか、当然先ずは内科受診です。その後「なかなか治らない。」場合は、当院へ御相談下さい。内科的検査法は当院では十分には行えませんので、御理解賜りたく存じます。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: ブログ |

臨時休診のお知らせ

2020年11月18日(水)~11月20日(金)まで、院長が
日本救急医学学会総会出席の為、休診とさせていただきます。
併設するI&EYE Contactも同じです。

患者様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、
ご理解とご協力の程どうぞよろしくお願い致します。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科 のりはる診療所へ!
カテゴリー: お知らせ |